トレボンパリ!案内

パリ在住 17 年の トレボンパリ がパリをアテンド致します

パリ水道局のスパークリング ウォーター

皆さん、パリには公道や公園、公共施設などに設置されている無料水飲み場があるのをご存知でしょうか?

 

13世紀にPhilippe Auguste王が初めてパリに水飲み場を作ったのが始まりのようでしす。

 

 

f:id:tresbonparis:20180817044401j:plain

 

パリには1200箇所の水飲み場がありますが、

水飲み場1つにつき、1日平均 600リットル、1,5L入りボトルに換算すると400本が消費されているようです。

f:id:tresbonparis:20180817045122j:plain

2010年に初めて12区で無料のスパークリングウォーターの水飲み場が出来てから人気に拍車がかかり次々と出来始めているようです。

 

2018年末まで10箇所の設置予定があると発表されています。

 

主なスパークリングウォーターが飲める場所

 

Jardin de Reuilly 12区

Parc André Citroën 15区

Eau de Paris 本社 13区 (19 rue Neuve-Tolbiac )

Jardins d'Éole 18区

Parc Clichy-Batignolles - Martin Luther King 17区

4 Quai Anatole France 7区

 

ちなみにパリのスパークリングウォーターは冷却されたお水にCO2を加えて作られているようです。

f:id:tresbonparis:20180817083709j:plain

皆さまもパリの記念にパリの水で出来た無料のスパークリングウォーターを飲んでみてはいかがでしょうか?

 

写真のボトルはパリ水道局のオリジナルボトルです。

デザインが頻繁に変わるのでコレクターがいるのだとか!

 

トレボンパリは最新情報はもちろんのこと、お一人様からご参加いただける、オリジナルプランでパリをご案内致しております。

 

フランスで正規に商業登録をしておりますので、ご安心してお問い合わせくださいませ。お問い合わせはこちらまで↓

お問い合わせフォーム

www.instagram.com